自己破産後の生活はどうなるのか?心配なことは解決しておく

ここでは自己破産をした後の生活について記しています。

 

自己破産後の生活はどうなる

 

究極の債務整理である自己破産で借金返済が免責され、生活は一変します。しかし、自己破産後の生活はどうなるのでしょうか。

 

このような不安を持った場合も弁護士に自己破産の相談や依頼をしていれば解決します。自己破産後の生活方法もわかります。

 

自己破産後の生活が心配

自己破産は魅力的でも、自己破産後の生活に不安を持つ人は少なくないようです。

 

何か生活に制限が加わったり、思わぬリスクがあったり、どこかでバレたりするのではないかと不安かもしれません。

 

しかし、そのような心配は無用です。自己破産により免責を受ければ、その瞬間に借金はすべて消滅し、その後に復活することはありません。

 

あなたさえ黙っていれば外部にバレる可能性はないです。いまだに根拠もなく言われていることのひとつに「自己破産すると戸籍に記載される」というペナルティーがありますが、そのようなことはありません。

 

不当な制限はありません

 

取り立てのない自由な自己破産後の生活

 

自己破産による免責は効果が絶大なので、それに見合ったリスクがあるのかと思われるかもしれません。

 

ただ、リスクはあっても回避可能です。確かに官報に載り、自分の住所氏名が公表されますが、それは一過性のものです。

 

自己破産後に職業や住居に制約が付けられるようなことは一切ありません。借金から解放されて自由の身になるだけです。

 

クレジットカードの機能を代替するものも

自己破産のリスクとして信用情報を挙げる人も少なくありません。確かに信用情報に自己破産の事実は記録されますから、クレジットカードなどの申込はできないでしょう。

 

しかし、これらの登録は大体5年〜10年間で抹消されます。その期間が経過すればクレジットやローンの利用も可能になるでしょう。

 

また、最近はクレジットカードを利用しなくても、デビットカードを利用することで通販などの買い物もスムーズに進みます。

 

VISA、MASTER、JCBなど各種あり各カードは銀行口座に入っている金額まではそれぞれクレジットカード同様の機能を持っています。

 

店頭でもちろん「デビットカード」として使用できますし、ネットショッピングでもクレジットカードと全く同じく利用することが可能です。

 

普通だった以前の暮らしを取り戻せる

特定の職業についていた人には自己破産手続き中は就業できな職業もありますが、手続きが完了することで、その制限もなくなります。

 

自己破産が終わってしばらく経って、あなたの住所、氏名が記載された官報のことを記憶している方は果たして存在するでしょうか?

 

そういうことを考えると自己破産をすることに対するハードルはずいぶんと低く感じられることだと思います。

 

ただ、せっかくリフレッシュした新しい生活をスタートできたわけですから、決して同じことを繰り返さないことだけは心がけてください。

 

こちらも合わせて読みたい