自己破産をしたら生命保険と保証人はどうなるか

ここでは自己破産の際に債務者が加入している生命保険と債務者の借金に保証人がいる場合について解説しています。

 

生命保険は財産になるの?

 

生命保険が自己破産において、一定の財産として扱われることがあります。

 

自己破産申立時に、生命保険に加入している場合は、生命保険証券と解約時返戻金証明証を一緒に提出しなければなりません。

 

生命保険を解約したときに解約返戻金が20万円以上になる場合は、借金返済にあてるために処分する財産となるのです。

 

20万円以下の場合には解約する必要はなく、自己破産後もそのまま加入しておいて大丈夫です。

 

なんとしても解約は避けたい時

どうしても生命保険を解約したくないという場合は、解約返戻金と同額の現金で借金返済にあてることができます。

 

生命保険には保険会社から貸付ができる制度があります。この貸付金は他の返済が滞っていても保険料を払っていれば関係なく受け取れるものです。

 

貸付制度を利用して解約返戻金を20万円以下にすることで、借金返済のために解約をする必要はなくなります。

 

ですが注意しなければならないのは、自己破産のときには借入をしたお金の使用用途を説明しなければならないということです。

 

生命保険を解約しないことが目的ですが、借りたお金が手元に入ることには変わりありません。弁護士費用にあてるなど、必要だと思われるものに使うようにしましょう。

 

再加入することは問題ない

生命保険を自己破産のために一旦解約したとしても、自己破産の手続きが終了した後に再度加入することができます。

 

生命保険は何かあったときの備えとして、自身や家族の生活を支えていくために必要なものなので、相当額であれば問題はありません。

 

ですが新たな加入を考えると、掛け金の問題や健康上の問題で、難しいということもありえます。生命保険の扱いについても、専門家に相談することを忘れないようにしましょう。

 

こちらも合わせて読みたい

自己破産する時、保証人はどうなる?

保証人がいる債務はどうするべきか

 

あなたの借金のうち、連帯保証人が設定されている借金があると、手続きの大きな障害となり事態は深刻となります。

 

連帯保証人には借り主と同様の義務があるために、請求や差し押さえに対して拒否ができません。

 

連帯保証人にはお金を借りた人よりも、厳しい条件での返済義務が生じてきます。

 

もし自己破産を考えたときは、誰よりも先に保証人となってくれた人に相談をし、自己破産をしなければならなくなったことを事前に伝え、謝罪しなければなりません。

 

保証人がいる場合には、保証人のことも考えて債務整理を行っていく必要があります。

 

保証人でない限り家族に義務はありませんが

自己破産をするときに、気をつけなければいけないのは保証人との関係です。自己破産をする場合に、家族のことを心配する方は多いと思います。

 

財産を処分しなければならないため、不便をかけるという点では家族に影響があります。

 

自己破産は申し立てを行った個人に対して適応されるものなので、借金返済に関しては家族に返済の義務が生じることはありません。

 

しかし、自己破産で免責された借金返済の義務は保証人が負うことになってしまいます。

 

迷惑をかける相手との連絡と対策

自己破産をするということは、程度の差こそあれ、結果的に周囲の人を巻き込むことになります。

 

借金返済からの救済方法ではありますが、借金返済が免責されるのは自分だけで、保証人は含まれないということを認識しておかなくてはいけません。

 

自己破産をしたことは周囲に内緒のままでいることは十分可能ですが、保証人だけは別です。

 

保証人には必ず迷惑をかけることになりますから真っ先に報告、対策を考えなければなりません。

 

場合によっては保証人も自己破産する必要が出てくるかもしれません。

 

こちらも合わせて読みたい