任意整理の住宅ローン審査 利用できない?利用中の場合は?

ここでは住宅ローンがあるけれど任意整理したい方、また、任意整理後に住宅ローンを利用したい方に向けて情報提供しています。

 

任意整理で住宅ローンはどうなる

 

任意整理をする人の中には住宅ローンを返済中の人や、これから利用しようと思っている人もいらっしゃるでしょう。

 

やはり心配なのは任意整理が住宅ローンに影響するかでしょうね。実際に任意整理による住宅ローンへの影響はあるのでしょうか。

 

任意整理と利用中の住宅ローン

任意整理をする人の中には返済途中の住宅ローンに影響が及ぶのではないかと心配している人も少なくありません。しかし、任意整理は返済中の住宅ローンに影響を与えません

 

つまり、住宅ローンだけは整理せずにそのまま返し続けることで影響を避け、他の借金を任意整理することができます。任意整理は債務整理の対象とする債務を選択できるからです。

 

要するに整理するには都合の悪い債務はそのままにして返済を継続、債務整理をしても問題のない相手の債務だけ整理対象にすることができます。

 

つまり返済中の住宅ローンがあれば整理対象外にすることができます。

 

任意整理対象は選択できる

任意整理は弁護士などに依頼して、整理対象の信販会社や消費者金融に借入契約の変更を交渉することです。

 

この交渉は法律に基づくものではなく、弁護士と信販会社などが個別に交渉するため、相手を選ぶことができます。

 

もっとも、法律に基づく自己破産や個人再生は公平を期すため、住宅ローン特約のある個人再生を除いてそのようなことは許されません。しかし、任意整理であればできるのです。

 

住宅ローン利用中の金融機関には内緒で実行可能

言い方を変えれば、住宅ローンを借りている銀行などの金融機関には知られることなく任意整理をすることも可能です。

 

ただ、同じ金融機関で別のローンを新たに利用する際は要注意です。当然ですが、改めて審査することと思いますので、ブラックリスト登録を知られることになるでしょう。

 

その場合でも住宅ローンはそのまま返済さえ続けていれば、取り立てて問題になることはありえません。滞納しているならともかく今までどおりに返し続けているのですから当然ですね。

 

任意整理後は住宅ローンを利用できるのか

 

任意整理後の住宅ローンはどうなる

 

では、任意整理をした後はどうなのでしょうか。住宅ローンを申し込んで承認してもらえるのでしょうか?

 

最近は、任意整理をしただけでは事故情報として信用情報に登録しないケースもあるようですが、銀行系の信用情報機関には5年間登録されます。

 

つまり、任意整理直後であれば住宅ローンは望み薄でしょう。最近は消費者金融も銀行傘下に入っており、銀行系の信用情報機関に情報を登録していることがあるのです。

 

ローンの利用は任意整理後5年間は無理

つまり、任意整理をすると少なくても5年間は住宅ローンを借りることはできません。

 

もちろん任意整理の対象とした金融機関、銀行とは全く別の金融機関であっても同じと考えて良いでしょう。

 

保証会社が銀行系だと保証会社が代位弁済していることがあり、その際に事故情報として登録することがあります。いずれにしろ最低でも5年間は無理だと考えた方が無難です。

 

信用情報を照会しよう

 

ただ、先ほど述べたように任意整理を事故情報として登録しない信用情報機関もあります。信販会社系のCICです。

 

そのため、任意整理後1か月ほどしてから、自分の信用情報を全て開示請求することをお勧めします。

 

住宅ローンの審査でチェックされるのは

 

住宅ローン利用の際にチェックされるポイント

 

では、住宅ローンの審査はまず申込者のどの点に注目して審査しているかと言えば、申込者の給料収入が大きな判断材料になります。

 

返済期間が20〜35年など長期間にわたります。また、担保として住宅と土地に抵当権を付けますが、万が一回収不能になっても住宅と土地を売るだけでは回収できないことがほとんどです。

 

そのために安定して返済を続けられる収入こそが審査のポイントになるというわけです。

 

事故情報がなければOKと考えて良い

実際には信用情報を照会し、事故情報にがなければほとんど審査に通しているのが実情です。

 

銀行はカードローンが収益確保の役に立っていましたが、最近は貸し過ぎによる問題点が生じ、下火になっています。

 

その反面、金利は低いもののお客の囲い込みができる住宅ローンは、銀行にとって個人営業のメインとも言える存在でしょう。

 

また、住宅メーカーと組んでローンの斡旋をしている点も審査が甘めになる一つの理由です。

 

やはり支払能力が問われる

 

ただ、給料収入があまりに少ないと審査に通りません。つまり、返済ができないことが明らかだからです。

 

もっとも、予め長い目で見た生活設計を立ててから住宅ローンの申込みをする人がほとんどですから、「収入が少ないこと」を理由に住宅ローンの審査に落とされる人は多くありません。

 

任意整理後に実際に利用できるのか?

 

時間の経過とともに信用も回復

 

では、実際に任意整理をした人が住宅ローンの審査に通るものでしょうか。

 

先ほど述べた通り、信用情報の問題があるため、5年間は申込をしても通らないでしょう。

 

しかし、5年以上経過後、再度信用情報機関に照会し、問題なければ審査を受けることができます。

 

ただし、審査に通るかどうかはその時の収入状況などを含め、あくまでも金融機関の判断に委ねることとなります。

 

任意整理を機に生活を変えよう

さて、では5年間の間に何か準備をする必要があるでしょうか。

 

まず実行するとしたら、生活習慣を変える必要があるでしょう。任意整理をしたのは借入金返済がきついからだったはずです。

 

今後はそのようなことが起きないように、できるだけ現金主義の生活にシフトする事が大切です。

 

頭金が多ければ審査に通る

そして、貯金をする習慣をつけることが大切です。貯金は住宅購入時の頭金になります。しっかりと計画を立てたら、もうローンの返済をしているつもりでなるべくたくさん貯金するのがおすすめです。

 

住宅価格から頭金を引いた金額が借入希望額なので、頭金が多ければ担保額より借入額が少なくなり、銀行のリスクは次第に低くなります。こうすることで審査に通りやすくなるのです。

 

任意整理の対象にする債務は自分で選択できるため、任意整理により住宅ローンに影響が及ぶことはありません。

 

また、任意整理後も信用情報機関の事故情報が消えれば銀行ローンの審査には影響しません。そのため、任意整理の有無が住宅ローンの返済や将来の借入に影響することはないと言えるでしょう。

 

ただ、住宅ローンには審査があり、将来の返済能力が問われます。任意整理を機に自分の生活態度を変えることが必要でしょう。

 

こちらも合わせて読みたい