任意整理のメリットとは デメリットと比較してどうなのか

ここでは債務整理する人に一番多く選ばれている方法、任意整理によるメリットについてご紹介しています。

 

任意整理で得られるメリットは

 

任意整理にはメリットがあり、受ける利益がデメリットを上回るからこそ任意整理する、ということですよね。

 

任意整理をした場合には大きなメリットがあります。対して被る「デメリット」よりも、借金の返済に苦労していきた方にとってはそれを上回る大きな「利益」となるはずです。

 

こちらも合わせて読みたい

 

任意整理のメリット

  • 債権者からの督促、返済の即時ストップ
  • 過払い金の確認、請求も同時に進行
  • 将来返済して行く予定の利息を減額、返済方法も変更できる
  • 整理したい債務だけを選ぶことができる

 

督促、返済のストップ

まず、目の前の切実な苦労から解放されるメリットとしてあげられるのが、債権者からの請求、督促がストップし、しばらくは返済しなくても良くなるということです。

 

返済のために金策に悩んだり、度重なる督促に対応することで気持ちをすり減らすことがなくなるのは本当にありがたいことです。

 

私の経験上ですが、とりあえずですが返済がなくなるのは精神衛生上この上ない大きなメリットなのではないでしょうか。

 

債務者が債務整理を決めて、弁護士、司法書士に任意整理を任せると、債権者全員に受任通知をします。

 

その時点から、債権者は債務者にコンタクトすることができません。つまり、請求や督促を借りている私たちに直接することができなくなります

 

債務整理の受任通知以降は、弁護士ら代理人を通さなければならないと法的に定められているからなのです。

 

過払い金が発生しているか同時にチェック

 

ちゃんと調べてます過払い金

 

他の債務整理でも同様なのですが、まず、過払い金が発生していないかのチェックをします。

 

借りている金融業者や借りていた金額、期間などから過払い金があるか、あるとすればいくら位か判断できます。

 

過払い金の有無のチェックそのものに料金が発生することは通常ありません。

 

実際に利息制限法の上限金利で再計算(引き直し計算)をし、債権者に過払い金返還請求をすると弁護士、司法書士の請求手数料が発生します。

 

しかし、手数料に見合うだけの過払い金を取り戻せないと判断すれば、請求は行われませんから無駄な料金をわたしたちが払うことはありません

 

消費者金融などを長期間利用していた方、もう返済し終わっている方でも過払い金返還請求はできます。

 

また、長く利用し続けていた方ほど、高額な過払い金が戻ってくる可能性が高いです。

 

なので、残っていた借金が過払い金でゼロになる、さらに、お金も手にすることができるケースが少なくありません。

 

将来返済していく利息をカットできる

債権者との交渉によって、将来払うはずだった金利をカットすることができます。

 

基本的には過去に未払いだった金利も含めて今後の残債から金利は全てカットされます。

 

さらに、支払いが遅れていたことで発生していた遅延損害金(延滞金)もカットして残った額を任意整理の手続き終了後に3年から5年以内に毎月分割で返済していくことになります。

 

月々の支払い金額についても、期限を超えない範囲で支払い可能な金額に再分割することができます。

 

債務整理したい借金だけを選べる

例えば保証人がついているローンなど債務整理したくない借金だけを選んで、そのまま返済し続けることが可能です。

 

手放したくない車のローンなどもそのまま払い続けることができ、その他の借金だけを選んで債務整理できるのです。

 

もし保証人がいるローンを債務整理してしまうと、返せない残額はその保証人に対して請求されてしまう可能性が高いのです。

 

保証人になってくれた人に迷惑をかけたくない、という場合にはその借金だけを債務整理しないということも可能なのです。

 

こちらも合わせて読みたい