任意整理とはどういうこと?手続きの方法や期間は

ここでは債務整理の中でも最も多く手続きされている任意整理の手続きの流れについて記しています。

 

任意整理をするにはどうする

 

債務整理を検討している多重債務者がいちばん選択している手続きが任意整理です。任意整理は公式な統計がない「任意の」手続きなのですが、各法律事務所の実績数から年間200万件〜300万件の任意整理が行われていると推定されます。

任意整理は債権者と直接、借金の減額を交渉し、返済総額から金利分をカットし借金を減額します。さらに月々返済しやすい金額で分割し、返済を可能にしていく手続きです。

 

つまり、返済していける額まで借金を減らしてもらい、残った借金を返済していくというもの。ですからカードローンやキャッシングなど金利の高い金融商品を利用している人にとっては非常に有効といえるものです。

 

任意整理の手続きの流れは

任意整理の手続きをする際、手続きの流れと要する期間ですが、ごくおおまかに言うと以下のようになります。

  1. 弁護士または司法書士に任意整理の依頼をする。→数日間
  2. 依頼された弁護士、司法書士が手続きを開始。債権者(貸金業者)と交渉する。→3ヶ月〜半年間
  3. 減額され残った債務(借金)を返済する。→3年〜5年

あなたの代理人である弁護士、司法書士が貸金業者との交渉に要する期間は、短くて3ヶ月ほど、長ければ半年以上要するケースもあります。

 

その間に代理人は、あなたの借金に過払い金が発生していれば、取り戻すための交渉も並行して行っています。概ね10年以上前から消費者金融からの借入と返済を繰り返している場合は、利息制限法を超える金利で借り入れしている可能性があり、その時は過払い金が発生している可能性が高いのです。

 

こちらも合わせて読みたい

 

何よりも代理人(弁護士、司法書士)へ任意整理を依頼することによって、わたしたちに直接、返済の請求や取り立てをすることができなくなります。つまり、いままで殺到していた電話や取り立てが依頼したとたんにストップするということ。それだけでも度重なる督促で追い詰められていた精神状態から開放されます。

 

任意整理をするのに適している人は

 

任意整理で借金整理ができるか考えている

 

債務整理を行っていくなかで、任意整理は比較的手続きが簡単な方法です。裁判所で手続きがある個人再生や自己破産とは違い、金融機関と話し合いをして、借金返済が可能な額まで減らしていく方法です。

借金を支払っていく意思があり、今後も返済をしていくことが可能な定期的な収入がある人に向いた債務整理方法です。

任意整理は抱えている借金のなかから、整理する借金を選ぶことができます。金利の高い消費者金融などの借金は任意整理をし、車のローンなど生活に必要なものに関しては、整理をせずにこのまま返済を続けるなど、整理する借金と整理しない借金とを選ぶことができるのです。

 

将来発生する利息と過払い金を合わせて減額する

任意整理を行う借金に対して、取引履歴をもとに利息の引き直し計算をします。上記のように、これまで返済してきたなかから過払い金が発生した場合には、その分を返してもらうことができます。

過払い金の返還請求や、今後返済していく分の利息をなくしてもらい、残金を分割してどのように返済していくかを交渉していきます。

交渉は法的な拘束力のない業者との話し合いですから、任意整理ではこの交渉が一番重要となってきます。交渉次第では希望する条件にならないこともあります。

 

負担の少ない返済方法で和解するために、借金問題に精通した弁護士、司法書士を選び、交渉を有利に進めていく必要があります。

 

返済終了までの道のりも考えて

双方で和解が成立すると、返済計画に沿って残りの借金返済をしていくことになるのですが、一般的には3年から5年の間で、分割して返済を行っていきます。

任意整理の手続の終了は、この残金を完済するまでを手続き、と考え返済可能な条件での和解が重要になります。残りの返済額をすべて返したら晴れて任意整理完了となります。

返済をするために収入があることが、任意整理ができる条件ですが、病気や怪我などで収入が減ってしまう可能性もあります。

 

負担を少なくすることも大切ですが、任意整理で出した返済方法を守らなければ、再度債務整理をすることになります。計画的に返済できる条件を整えていきましょう。

任意整理手続きは誰がするのか

やはり専門家に任せたい

 

さて、弁護士や司法書士が手続きをする前提でお話してきましたが、実は、債務整理の手続きのすべては任意整理も含めて、わたしたちが自分で手続きすることも可能です

 

素人で無資格のわたしたちが手続きすることは法律で禁止されているわけではありません。

 

また、任意整理を含む債務整理の手続きは法律の専門家である弁護士、司法書士などが行わなければならないという決まりもありませんし、そうするべきだ、という圧力が存在するわけでもありません。

 

実際に自分で債務整理をした体験談を綴った書籍も出版されています。(それらも専門家にアドバイスをもらってるケースがほとんどですが。)

 

現実的には非常に困難なこと

しかし、自分でするということは、債権者との交渉はもちろん、各種書類の準備、提出など全て自分で行うのは大変な困難なこと。

 

裁判所へ複数回出向いては手続きし、債権者とのタフな交渉を行うことも全て自ら行うことになります。

 

もちろん、借入の件数だけ債権者はいますから、5件の借入があれば最低5回の交渉が必要。

 

それも1度で終われば良いのですがそれで済まないことも多いでしょう。何よりわたしたち自身が相当の勉強をし知識を身につけるところから始めなければなりません。

 

要する時間や労力を考えても、借金問題の専門家である弁護士や司法書士に依頼するのが一般的で実際に無難です。私の体験からも費用がかかっても頼む価値は十分にあります

 

弁護士や司法書士を選ぶ

 

やはり最後には専門家が頼りになる

 

依頼した専門家に支払う費用を心配されている方も多いと思います。多くの法律事務所では分割払いに応じていますし、最初の相談の際に料金と支払い方法について話しておくことがおすすめ。

 

また、こちらから聞かなくても向こうからきっちりと料金について説明してくれると良心的な事務所だと判断する材料になります。

 

依頼する弁護士・司法書士選びをする際ですが、当然ながら債務整理の得意な信頼できる人に依頼したいもの。

 

これはインターネット等を利用して評判を見るのもよいでしょうし、相談する際に直接話してみた感触で判断するも良いと思います。

 

また、テレビ、雑誌、ネットなどで広告を出している大手の弁護士事務所に依頼するのも良いと思いますが、大きなところは料金も少し高めです。

現在は弁護士、司法書士のほとんどの事務所で債務整理の無料相談に応じています。ネットを利用して借金が減額できるか診断できるサイトもあります。無料相談ですから2〜3件相談して信頼できそうな業者を選んだり、必要な費用の相場を把握するのもよいでしょう。

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

ウイズユー

 

最後には自力で完済する

依頼する人が決まったら後は弁護士・司法書士が債権者との交渉を進め、その結果に基づいて残りの返済額を返していきます。

 

返済は依頼した弁護士・司法書士事務所へしますので、任意整理成立後は利用していた業者と関わることもありません。

 

料金の支払いは最初に着手金を払い、その後成功報酬という形で払います。

 

また、着手金はなくて完全成功報酬制(成功報酬のみ)というところもあります。相談した際には最初にしっかり聞いておきたいですね。

 

ほとんどが分割で支払って行くことも可能なので、もしお金に余裕がないのであれば伝えておいてください。相談に乗ってもらえます。

 

こちらも合わせて読みたい