債務整理は自己破産だけではありません あなたに最適な方法を選ぶ

ここでは債務整理の全般について、種類や方法などについて紹介したいと思います。

 

借金は整理することができます

 

債務整理とは債務、つまり借金が返済不能になった時に債権者との交渉や裁判所への申し出によって債務の減免を図っていくことです。

 

借金をして返済できなくなってしまった時に使える対処方法です。借金をして返せなくなっている方への救済方法ともいえます。

 

債務整理と聞くと「あぁ、自己破産のこと?」と思う方が多いのですが、債務整理は自己破産だけではありません。

 

債務整理にはいくつか種類がありますが、その方法やどんな特徴があるかについてご紹介します。

 

債務整理の種類について

 

解決法は一つじゃない

 

借金問題の解決法

  1. 任意整理……貸金業者と交渉し残っている借金を減額。返済可能な額に減らして返す。
  2. 民事再生……裁判所に申し出て借金を大幅に減額。返済可能な額に減らして返す。
  3. 自己破産……裁判所に申し出て借金の全ての返済義務を免れる。
  4. 特定調停……裁判所に仲介を願い出て貸金業者と自分で交渉し借金を減額、返済。
  5. (借金の時効)……時間の経過による借金の消滅時効により借金の返済義務を免れる。

 

ここにまとめたのは、具体的な借金解決方法ですが、1〜4までが「債務整理」です

 

5番目は例外的なケースですが、借金返さずに放置していて、先方の業者からの連絡もつかない場合にはこういうことも起こりえます。

 

最適の債務整理を選ぶ

まず、最初にひとこと。これらの債務整理の手続は公的に認められた手続きであるということ。

 

借金から逃れるようで気がひける方には特に、国が認めた一種のセフティーネットなので、あまり後ろ向きに考えないことです。

 

大事なことは借金に振り回されない健全な生活をしっかりと取り戻すこと。多重債務状態から脱出して、ふつうの生活ができるようになることを最優先させるべきです。

 

任意整理

全ての利息(未払いの利息と将来発生する利息)をカットして借金を減額し、残りを約3年〜5年の期間で分割して返済していく方法です。

 

遅延損害金も全額カットできますので、すでに延滞をしてしまっていても、強制解約をされてしまっていても使えます。

 

個人で債権者と交渉をするのはとても難しいので、専門家であり手慣れている弁護士、司法書士に相談し、手続きを依頼するのがベストです。

 

こちらも合わせて読みたい

個人再生(個人民事再生)

利息だけでなく元本も大幅にカットできる方法です。およそ5分の1程度まで減額できることが多いようです。

 

また、財産を取り上げられることなく債務整理が行えますので、家や土地、自家用車など財産とされるものがある人は、自己破産を選ぶより民事再生を選択する方が一般的。

 

例えば、住宅ローンが残っているマイホームは、住宅ローン特例によって守られます。ただし、住宅ローンの残額は減額できません。

 

こちらも合わせて読みたい

自己破産

全ての借金の返済義務を免れる方法です。裁判所に借金を一切返せないと申し立てて認められると返さずに済みます。

 

しかし100万円を超える預貯金や財産などはすべて処分しなければならないデメリットがあります。

 

こちらも合わせて読みたい

特定調停

わたしたち債務者が裁判所に仲介を願い出て、債権者である貸金業者との和解を図ります。和解内容としては任意整理とほぼ同じように借金減額と返済方法の変更を目指します。

 

基本的には弁護士などの代理人を立てずにわたしたちが直接、和解交渉に臨みます。

 

手続き、交渉共に未経験の素人にはハードルが高いものですが、費用は裁判所に納める手数料など実費のみですから、弁護士に依頼する任意整理と比較し格段に安上がりです。

 

こちらも合わせて読みたい

 

>一刻も早く解決したい、と思った方はこちらも参考に