カードローンで返済不能になるのは避けたい そのポイントは

このページではカードローンやキャッシングを利用して返済不能にならないために注意するポイントを紹介しています。

 

返済できずに頭を抱えました

 

>もう返済はぜったい無理な状態、という方はこちらへ

 

カードローンやキャッシングを利用している人の中で返済不能に陥ってしまう人の多くはある共通した特徴があります。

 

コンビニATMなどを利用してキャッシングなど借金を重ねていくうち、借金をしているという意識が薄いなっていく人が多いのです。

借金をするという緊張感

カードローンやキャッシングは気軽に申し込みができ、融資までの時間もほとんどかからないのを売りにしている消費者金融なども多く、本当に簡単に利用できるようになっています。

 

コンビニATMなどからお金を引き出していると、まるで自分の口座からお金をおろしているかのような錯覚を起こし、「借金している」という意識を薄くしている原因なのです。

 

住宅ローンや自動車ローンの場合、必要書類を揃え十分に審査をしたうえで結果が分かりますから、借金をしているという緊張感があります。

手軽さ便利さが逆に仇になる

カードローンやキャッシングは融資限度額も数十万単位で、必要書類も身分証明書と収入証明くらいですからそれほど手間はかかりません。

 

そして多くのところで即日融資を売りにしていますから、その日のうちに審査結果が分かります。また申し込みもインターネットから簡単にでき、来店しなくてもお金を受け取ることができます。

 

こういった便利さが借金に対する緊張感をなくし、それが返済への意識の甘さとなって多重債務に繋がるのです。

 

滞納の段階でブラックリスト入りも

お金を借りるときにはたとえ小額でもしっかりと返済計画を立てて、期日までに必ず返さなければなりません。

 

返済の遅れが繰り返されると、それが信用情報機関に記録され、場合によっては他の金融商品を利用できなくなる可能性もあります。

 

いわゆる「ブラックリスト」に名前が載った、ということなのですが、金融機関によっては数回の返済の遅延によってブラックリスト入りするケースもあります。

 

借りる時には、まず返済する時のことを考える

 

そうなると住宅ローン、自動車の購入時のローン、クレジットカードも利用できなくなる恐れがあります。

 

そうした事態にならないようにカードローンやキャッシングを利用する際には返済不能になることがないように、「借金をしている」という意識をしっかり持って返済計画を立てておきましょう。

 

それができればとても便利なものですし、自分の生活を助けてくれるはずです。

 

こちらも合わせて読みたい

 

多重債務に陥ったのは手軽さのせい?

 

多重債務で生活は苦しい

 

借金をすること自体は悪いことではありません。それどころか借金せずに生活することはとても困難なことです。

 

家や土地、自動車など高額の買い物になると当然のようにローンやクレジットを利用します。学生時代に奨学金を利用していた方も少なくないでしょうね。

 

これもいわば借金そのものであり、決められた方法で私たちが返していかなければならない借金なのです。

クレジットカードでキャッシングも

肝心なのは借金返済の計画をきっちりと立てることです。身近になったクレジットカードにも、多重債務に陥りやすい要因があります。

 

クレジットカードには買い物時に利用するショッピング枠と、銀行のATMから引き出すように現金を借りることができるキャッシング枠があります。

 

買い物もキャッシングも同じカードで利用でき、新たな手続きをせずに現金を借りることができるので、手軽で便利な機能なのです。

 

必ず利息がつく 滞納すると延滞金も

ですが、現金を手にするまでの過程が似ており、自分の貯金を引き出しているような錯覚に陥りやすくなります。キャッシングを利用するときには、金利が加算されるのを忘れてはいけません。

 

借りた金額に締め日までの日数で計算した利息が、プラスして請求されるのです。ショッピング枠と同じように利用すると、思っていた以上の利息が付くので注意が必要です。ショッピング枠のなかにも、金利が付くものがあります。

 

リボ払いは月々の支払いが定額になって管理がしやすく、支払いの負担が軽いのが特徴です。しかし金利がどのくらい付くのか、返済期間がいつまでになるのか、利用の前には必ず確認すべきです。

 

基本は収入に見合った生活

手軽で便利だからこそ注意をしなければ、誘惑に負けてしまったり、足りないものを補うために、すぐに手を出してしまう結果となります。

 

収入に見合った金額以上の借金は、返済をするためにまたカードを利用して借金をするという、悪循環を引き起こすことになりかねません。

 

借金返済のための借金が始まった、という事はもう「りっぱな」多重債務者になっている証拠です。借金返済不能になる限界が目前に迫っている状況です。

 

>もう、自分は手遅れかも、と思った方はこちらも参考に