債務整理体験記|600万円の借金を作ってしまい取り立てには居留守を使い、悪夢にうなされる毎日から生還した記録

踏み込んだのは無間地獄のような世界

 

私はあやしいビジネスに誘われ入れ込んだ挙げ句にとても返しきれない借金を背負ってしまいました。

 

親しい人に「ぜったい儲かるよ」「買った人にもきっと喜ばれるよ」「ここでしか手に入らないからね」と言われ夢中になっていた時期が今となっては恨めしいです。

 

ひとつだけ言えるのは、ひとりで悩んでいても絶対に借金の問題は解決できません。解決に踏み出す勇気で以前の生活を取り戻すことができます。

 

私が債務整理をしたのは、いまから5年前の事です。それ以前の私は、安い給料ながらも毎月安定した収入がありましたが、正直なところぎりぎりの生活です。

 

わずかでも余裕のある生活ができて貯金もできるようにと考え、生活にわずかでも余裕が欲しいと副業のつもりで始めたのがネットワークビジネスと呼ばれるもの。

 

けれども、その運転資金をカードでのキャッシングに頼り切っていたのが原因で私の生活は破綻する羽目になっていったのです。

 

いつまで続くのかわからない最悪の借金地獄生活

最終的に破綻時の借金の状況はというと、銀行、信販会社、消費者金融など7社からの借入は合計で600万円となっており、毎月10万円ほどの返済額を支払っていたのです。

 

毎月の給料が入ると、まず、借金返済をはじめとする支払うべきお金の支出を済ませて、そのあとで家賃、公共料金、光熱費など必要な経費を全部納めてしまうと、ほとんど手元に残らない状態。

 

月によっては給料日直後なのに、本当にわずかな小銭程度が手元に残るのみで、衣服や家の中のものをネットオークションで売ったり、供給停止ギリギリまで、電気料金、水道料金など数ヶ月滞納するなど綱渡り生活が続いていたのです。

 

それも間もなく続かなくなり

カードで借金できるうちは、生活費で不足したお金ををカードで借りたり、返済するお金を別のカードから借りて、そのカードの返済を別のカードで…と繰り返す自転車操業で埋め合わせての綱渡り生活。

 

しかしそんなことが長く続くはずもなく、限度額いっぱいになるとその方法も破綻、そこから借金の滞納がスタートです。

 

こうなると、またお金を借りようと消費者金融で新規にカード契約をしようとしてももう承認されません。数ヶ月の滞納によってすでに私の名前はブラックリストに載っていて審査には絶対通らないのです。

 

連日のように督促が雨あられと

 

連日の督促で心身ともに限界

 

督促の電話がジャンジャン鳴って気が休まる間がありません。さらに郵便受けには借金している業者からの督促状が毎日のように入って来ます。

 

けれどもどうする事も出来ず…オークションでの微々たる収入では焼け石に水といった状態です。家の中にある小銭をかき集めてなんとか糊口をしのぐような日々を過ごしていました。

 

そのころの精神状態は借金によってかなり追い詰められていたと思います。物音におびえたり、食欲が落ちたり、一番つらかったのは夜、寝られず、寝付いたと思ったら恐ろしい悪夢で起こされてしまった、という体験。この悪夢が日常的に続き、これが借金地獄なのか…と思い知ったものです。

 

怖い人が借金の取り立てに来るのか?

借金取り立ての方法や手順は金融機関や消費者金融など業者によって違いがあります。こちらの自宅まで来たりせずに、ひたすら郵便と電話で返済を促す業者が多いのです。

 

けれど、一番残額が少ない信販会社だったのですが、何度か自宅まで押しかけて来ました。

 

自宅まで訪ねて来たクレジット会社の人はごく普通の地味なサラリーマン風で、ドラマで見るようなサングラス、パンチパーマなんて風体ではありませんでしたが・・・。

 

返すまで帰らない、とは言いませんが

このようにして家までやって来る人はその場で耳を揃えて返済しろ、とは言いません。やはりいつまでに入金できるのか、返済できるとしたら金額はいくら入れられるのかを確認します。

 

そこで、返済できる時期と金額がわからないとなると、いくらなら入金できそうなのか、という交渉もしてきます。

 

そちらさえ良ければ月々の返済が楽にできるよう月の返済額を減額して再契約もできますよ、といった交渉もしてきます。

 

玄関のチャイム、電話の呼び出しにも居留守

きちんとした信販会社、消費者金融であれば、玄関口で大きな声を出したり、凄んだりすることはありません。

 

そのかわり足を運んだからには、返済の約束なり、それが出来なければ再契約(減額した返済のみの契約)など何かしらの「成果」を上げることが大切なようです。

 

その日以来、本当にドアのチャイムが鳴るのも恐ろしくなり、家にいる時でも常に居留守を使うようになってしまい、当然、電話がかかってきても常時留守電状態のまま、受話器をすぐに取ることはできなくなりました。

 

公共料金滞納を続けて 通電停止の常連となる

ちょっと脇道にそれますが…その頃は会社はリストラ直後で失業中の身・・・借金の返済はもとより家賃、税金は滞納、ついにはガス、水道、電気料金までも滞納続きでついには通電を度々止められるまでになっていました。

 

滞納していると電気は割りと簡単に通電停止にされ、何回も止められています。

 

現在はわざわざ戸別に訪ねて来なくても、リモコンで簡単に通電停止できるようになっています!

 

なのでとてもあっさり止められるようになりました。逆に、入金さえすれば、すぐに電力会社に連絡することによって数分で通電が再開します……(汗)。

 

私が暮らす街の都市ガス、水道はかなり目をつぶってくれます。2〜3ヶ月は常時滞納していた状態で、それを超えて滞納すると危険水域に入ります。

 

それがわかっていながら、それぞれ数度止められていますが…。

 

ガスは一度止められると再開までが面倒です。元栓を開けてすぐに利用できるものではなくて、安全のためにガス会社の係員が来訪したら、住人の私が立ち会いのもと、いろいろチェックしながらの再開となり、時間と手間がかかりますから要注意です。

 

綱渡り生活の日々がついに

 

綱渡りの毎日は長続きしない

 

本題に戻ります…まあ、こんな状態ですから、督促の電話をとったところでいつ返済できるかもわかりません。

 

いつまでにいくら入金できるのかを聞かれたところで開き直るわけではありませんが現状では返済不能としか言えないのが正直なところでした。

 

当時、完全に借金返済を最優先の生活だったので、何件もの借入先に返済後、手元に残ったお金で家賃や「滞納が長引いている公共料金」を支払い。

 

それでも全部を支払えるわけではありません。そろそろ滞納を続けていると止められそうだというものを選んで入金するのです。

 

その上で残ったほんの僅かなお金を糧にひと月なんとか生活する、というか“生き延びる”というような日々が続いていたのです。

 

借金返済の滞納がはじまると冷酷な現実が

その時はすでに借りられるところからは全て借りまくってその総額は7社、500万円超になっていました。

 

クレジットカードのキャッシング枠、消費者金融系、銀行系のカードローン、これらはすべて限度額まで一杯に借りきっている状態です。

 

すでにご紹介のとおり、返済支払いの滞納が始まってから新たにカードを作ろうと手続きをするも、もうすでに私の「信用(事故)情報」が流れていることが判明。

 

新しいカードの契約はもとよりダメで、それどころか、カードを持っていてももうどこの貸金業者からもお金を借りる事は不可能になっています。

 

何度か滞納が続くとブラックリストに

後でわかったのですが、業者によっては2〜3回借金返済が滞るといわゆるブラックリストに名前が記録されるケースがあるそうです。

 

当時、総量規制が施行される前の話ですから、返済の滞納さえなければ、いくつの消費者金融から借金していようと、それまでは全く問題なく新規のカードを作れていたのです。

 

けれど、借金返済の滞納が始まってからは新規の申込みを試みても、作ろうとするカードの申込みはことごとく却下されて、もうどこからも1円も借金ができなくなっている状態だったのです。

 

「借りたお金を返済に」こんなカタチで借金返済のために違う業者から借りては返済にまわす自転車操業なんて長続きするはずもありません。すぐに行き詰まってしまうのは見え見えですよね。

 

もう客観的に自分を見れないのです

今は、振り返ってみて、なんてバカな事をやってたんだ、ムダな抵抗をずいぶん長期間続けていたもんだとやっと思えるようになりました。

 

ただその時は借金の事で頭が一杯、もう追い詰められて回りの状況とか、自分の置かれている状況とかが全く客観的に見れていない視野狭窄といった状況になっています。

 

自分の置かれている状況を冷静に見ることが出来ず目の前の借金を返済することのみに気持ちが向かって返すんだ、支払うんだ、とムキになっていました。

 

どうしようもなくなり放置状態になる

だけどもうそんな空しい作業もまもなく終わりを迎えます。借りられるところは全て使い切って、新規で借金できたのはもうヤミ金のみという崖っぷちまで来ていたのです。

 

ヤミ金は利用しませんでしたが、その時点で借りられるとすればたったひとつ、闇金融だけだったのが現実です。もう「万事休す」です。

 

連日連夜かかってくるクレジットの信販会社、カードローンの消費者金融、銀行からの電話の呼び出し音に耳をふさいで、留守電設定のままで放置状態。受話器を取ることは決してありません。

 

受話器を取って出たところで返済の約束などできない、という思いから現実を直視せずに、耳をふさいで逃げ回っていたのが正直な気持ちでした。

 

ついに人生“詰んだ”?最後のお知らせか?

 

自転車運転の生活に終止符が打たれる

 

度重なる電話、郵便による督促にも耳をふさぎ見てみないふりでスルーしていると最悪の事態に陥ってしまいました。

 

内容証明郵便だったと思いますが、ついにただごとではない郵便が届きました。貸金業者から指定の日時までに借金の残額と延滞料金を一括返済請求です。

 

それができなければ裁判所に訴える、という内容です。月々の借金返済ができない状況で一括なんて到底無理な話ですよね。

 

貸金業者の立場になれば

債権者である貸金業者としては、今まではとりあえず信用して分割で返済を認めていたが、あなたはもう信用できません。

 

そちらが契約破棄したのですから指定日までに必ずお金を用意して耳を揃えて即刻借金返済せよ、という内容ですね。

 

それができなかったら裁判所に訴えてでもいただくものはいただきますという意味。まあ、先方の立場なら至極あたりまえではあります。

 

最後通牒という意味合いも

現実には金融会社側がいままでさんざん返済を迫って、辛抱強く待っていたのにもかかわらず、ずっと未納だった相手が、ここでまとめて全額を返済できる可能性は低いと考えているハズ。

 

ただ、悪質な滞納者に対する最後の警告といった意味合いが強いのでは、と思っています。

 

そろそろ本当に誠実に前向きな対応をとってもらわないと取り返しのつかない最悪の状態になってしまいますよ、という意味ですね。

 

一括返済もできずに期限がくる

それでも借金返済のためにお金を都合してもらえるような親はすでになく、兄弟もいません。かと言って友人になんて借金の話などできるはずもありません。

 

どうする術もなくそのまま借金一括返済の期限が過ぎると、すぐさま最終通告が来ました。裁判所からの通知が郵送されてきたのです。

 

貸金業者からの訴えにより、指定の日時までに○○裁判所△△法廷に出廷せよとの連絡でした・・・。借金していた貸金業者から起訴された、ということは、まさか自分が被告人?いやいや、まぎれもなくそのまさかというやつです。

 

ついに裁判所の法廷に立つ

なんとも情けない気が重くなる話ではありますが、裁判所(簡易裁判所)の法廷に立つ事になりました。

 

当日の朝、小さな法廷の入口が開くと「被告人席」に促されて着席、意外にもそこには、私以外にも何人もの「被告人」が並んで座って開廷を待つという形の「裁判」です。

 

自分が漠然とイメージするような裁判とはずいぶんと趣が違い、まず最初に何人分もの訴状の内容がまとめて読み上げられます。

 

そして、その後並んで座っている中から一人ずつ名前を呼ばれて前に進み判事さんの話を聞き、坦々とほとんど流れ作業的な感じで進行していきます。

 

やはりと言うべきか私と同様借金問題で呼び出された方が数名いました。

 

債権者から和解案が提示される

他の方と同じように私が呼ばれ指定された場所に歩み出るとどういう件で誰から訴えられたのか確認、それに続き和解案が示されました。

 

つまり、先方の業者はこのようにできないか、とあなたに提案されてますが受け入れますか?という感じで具体的に返済金額とその方法につて説明されて「どうですか?」「はい、わかりました」で終了となります。

 

こちらが受け入れなければ強制執行、つまり給料や財産の差し押さえとなるのか、どうなのか、確認するすべもありませんでした。(後日、差し押さえされることが判明)

 

罪悪感で打ちのめされた気分で借金問題解決を決断

 

他力本願ですが助けを求めたかった

 

短時間ではありましたが、自分の借金がついに裁判にまでなってしまった後悔ともう元には戻れない何かをやらかしたのは間違いないと打ちのめされていました。

 

このままでは借金を返済できないのは何も変わらない。結局今回訴えられた業者は1社ですが、それ以外にもまだまだ他に借金している業者がたくさんあります。

 

なんとかこの状況を自分の手で変えなければ何も進まない、変わらないとようやく思い始めました。

 

自分はどうすべきなのか、というよりも今できることは何なのか、何ができるのかをネットで調べ、自分の現状を借金問題の専門家とされている弁護士に相談することを決断しました。

 

手探りでの解決法探し

けれど、どこのだれにどうやって相談するのが良いのかが全くわからず、とりあえず自宅に近い大きな街の弁護士をネットで検索。

 

さずがに地元の小さな街では誰にどんなタイミングで出くわすかも不安で、勤めている会社の所在地と自分の住んでいる地元は候補からはずしました。

 

いくつか調べた中から、最初に選んだのは、弁護士1人でしている事務所。なぜ選んだのかというその理由はホームページの弁護士さんの写真を見て話しやすそうだったからという単純なものです。

 

最初の事務所ではこんなやりとりが

訪れた小さな弁護士事務所では、私の借金について現状をひととおり聞いたあとで「これは自己破産したほうが良いと思います」との宣告。

 

ただ、なんとなく、私の主観なのですが、その弁護士さんにヤル気がなく感じられると、「まあ、これで納得いかないのであれば他の事務所にも聞いてもらっても結構ですよ」と突き放されてしまったような感じ。

 

おっしゃる通りセカンドオピニオンということもありますから、もう一軒相談させていただこうと思い直しました。

 

またネットで調べると、「私たちは弱者の味方です」という頼りがいのあるキャッチフレーズの事務所を発見。そこは、最初とは対象的にたくさんの弁護士がいる大きな事務所です。

 

2番めの大きめの事務所では

そこへ相談に訪れると気難しい印象の弁護士さんが、最初から詰問するような口調で聞いてきます。

 

相手の質問に対して私が要領を得ない答えをしたり、余談をはさむと「そんなことを聞いてるんじゃなくて〜…!」と明らかにイラッとしている様子を隠しません。

 

最後にはほとんど借金におぼれるような自堕落な生活についてお説教されているような状態で決められた相談時間の30分が終了。

 

結局、次回必要なものを揃えてまた来るように言われてその日は帰りましたが、精神的にはボコボコにされた気分でした。

 

結局別の弁護士に依頼することに

すっかり叱られた印象のその事務所には、再度行く気にどうしてもなれず断りをいれたのです。

 

結局、ネットの無料相談で紹介された借金の問題が得意な弁護士事務所に依頼することになりました。

 

相談する中で調べてもらった結果、過払い金もあり思いのほか借金が減額され、返済する総額はほぼ半減、残った額を毎月4万円を5年で返済する方法を提案されました。

 

弁護士さんには私のわがままも聞いていただいて、自己破産をなんとか回避して任意整理で解決目指すことで決定です。

 

実はその弁護士さんにも私には財産といえる高額な所有物、土地建物、マイカーなどが無かったので、自己破産を勧められたのですが、ここは私の希望として任意整理とさせてもらいました。

 

けれど、今思えば5年間返済をし続けるよりも、短期間でスパッとケリがつく自己破産でも良かったのかな、とも思いますが…。

 

借金問題のスペシャリストを選ぶのが大事

 

奇跡のようなありがたい瞬間

 

それから、後から判明したのですが、私が叱られた大きな弁護士事務所ですが、そこはいわゆる人権派弁護士といわれたりするようです。

 

いろいろな差別問題、格差問題、冤罪事件などに取り組んでいる弁護士さん達のようで、「弱者」の味方として国とか大企業とか権力と戦う法律家集団ですね。

 

そういえば事務所内にニュースなどで見た記憶がある有名な訴訟の「支援集会」ポスターが貼ってありました。

 

あの時のやりとりを思い出すと彼らの目には私のような自称「弱者」はどのように映っているのかな、と今更ですが思ったものです。

 

気がついた弁護士の選び方

自分の体験を通して得られたものは、借金は絶対するものじゃない、一日として気持ちが安らぐ瞬間がない地獄を見ることになります。

 

そして弁護士といえどもマルチなスーパーお助けマンではなく得意分野がある、という事実です。

 

特に弁護士は法律の専門家ではあるものの、全ての分野に精通しているわけではない事実がよくわかった貴重な経験となりました。

 

債務整理の得意な専門家を選びたい

金融関係、債務整理、借金問題に強い弁護士は確実に存在し、彼らには債権者(金融業者)との交渉力があります。

 

弁護士、司法書士選びというより債務整理の専門家を見つけるのが大切といえます。

 

ネットで債務整理について紹介している弁護士事務所を探したり、口コミで評判の良い法律事務所を見つけるのが良い方法だといえます。

 

もし、そのようなチャンスがないのであればネットのメール無料相談を利用してみるのも有効な手段です。そういうサービスには間違いなく借金問題や債務整理の得意な弁護士事務所が参加しているからです。

 

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

ウイズユー